自分で作る植物性乳酸菌ラブレを使った豆乳ヨーグルト

下記も過去記事になりますが、こちら用にまとめ直してみます。

 

以前からトライしている自家製豆乳ヨーグルト(TGG)の作り方について。

簡単に言ってしまえば、
乳酸菌(種菌)と豆乳を混ぜ、保温すること数時間で完成するコストパフォーマンス抜群の発酵食品です。

作るためにはまず、種菌を決めますが、これが結構深くってですね、、
私ったら、2度も3度も失敗してまして。。^^;

理想は玄米から作る植物性乳酸菌でしたが、挫折。。^∀^;

1度目はしっかりカビちゃん登場、(!)
それ以降は、過発酵でどうもニホイが・・・と肩を落としておりました。

健康な人なら、
少しくらい雑菌があろうが問題ないのでは?と思うのですが、
これを母に食べさせるのは不安すぎる・・・と、
ちょっと神経質になっていたのかもしれません。

どうすれば自宅で安定した豆乳ヨーグルトが作れるのか、調べました。
(種菌探しの はじまりはじまり〜)

 

スーパーに売っているヨーグルトの大半は動物性乳酸菌で、
植物性乳酸菌ヨーグルトがなかなかないのが現状です。

どうして種菌を植物性乳酸菌にこだわるのか??というと、

私のような おりもの有りの嚢腫&筋腫持ちは、乳製品を控えた方が良いという情報があるからです。(スーパーにある、牛乳で作られた動物性乳酸菌ヨーグルトは乳製品です。)

ここでもご紹介した若杉ばあちゃん説をはじめ、多くの共通する意見を参考にさせていただき、ヨーグルトを食べるなら植物性乳酸菌にしようと決めたのでした。(加えて言うと、植物性乳酸菌の方が、生命力?胃酸の耐性力?が強く、生きたまま腸に届く量が多いそうです)

この説↑では、
卵や牛乳、乳製品、お肉など
血を汚す原因と考えられる食材があげられていますが、
私も正直全部は実践(控えるようには)できていません。

ヨーグルトは健康の元となる「腸」にダイレクトに届いてくれると思い、ただ母を助けたい一心で始めたのでした。

 

 

 

3度の失敗であまりに私がブーブー言っているので、
得撤(Dンナ氏)まで巻き込まれてくれまして。笑

調べて見えてきたことは、
やはり市販品は検査済みで、「菌」の品質?という点では安心だということ。
(菌のプロによる研究ってすごい・・・)

自分で作る場合はもちろん全て自己責任、
都会生まれの都会育ちに、
セーフゾーンが見分けられるようには思えないこと、。^^;

あぁ、母の事がなければ
自分のOPPくらいなんでもないのに〜!
どうすりゃいいんだーーー!(大袈裟)

 

でね、私がつまづく原因は「玄米」にあると思ったんです。

繰り返しますが、私が玄米の種菌にこだわるのは、
「植物性乳酸菌」が作りたいから。

でもこの種菌が一番難しいような気がしたんです。
無農薬米でない事が敗因なのか、
管理上の問題なのか、
リジュベラックも試してみましたが
ムホ〜〜ンとした臭いのもと過発酵で分離。
そこにいるの(菌)は誰?!T^T
玄米を諦めて、よくある動物性のヨーグルトを種菌にしようかと思いましたが、
なんとな〜〜く、植物性を諦め切れず、、

行き着いたのが「植物性乳酸菌ラブレ」ちゃん。

スーパーでも購入できるので良いのですが、
テレビなどで「ラブレ菌が良い!」と宣伝されると
たちまちラブレ難民になります。笑
(かといって、買いだめはお勧めできません。都度、作る分だけ、飲む分だけ。
何せ、ラブレちゃんも生き物。。賞味期限をお忘れなきよう、。)

カゴメ 植物性乳酸菌ラブレ

もちろん、どこまでがどうなのか
詳しいことは何にも分かっちゃいませんが、。汗

探し始めて知ったこと、
植物性乳酸菌のヨーグルトってほんとに少ないのね〜〜、

さらに調べていくと

豆乳グルトなるヨーグルトが売られているでは
あ〜りませんか!
しかもマルサン。。


豆乳グルト400gコレステロール0%、砂糖不使用、乳成分不使用

豆乳グルトの公式サイトはこちら

え・・・これ買ったほうが早いけど?どうなの??
と、得撤をユサユサしたら、
「取り敢えず試してみたら?」と。。

興味を示してくれるターゲットで良かった。。
贅沢にも、ヨーグルトメーカーのヨーグルティアまで許可してくれました。
(保温タイマー機能付き。都会人、常温管理に弱腰。笑笑)


TANICA 【温度調節機能で市販・カスピ海・ケフィアヨーグルト / 納豆・甘酒に対応】 ヨーグルティア スタートセット ピンク YM-1200-NR

こ、こうなったら、なんでもトライじゃ〜〜!汗

ひとまず、理想の玄米種菌のことは忘れて、
ここは早めに乳酸菌を増産させて母に食べさせてやりたい!という
前のめり研究のため、妥協の(あっ、ごめんなさい)
「ラブレちゃん」由来の豆乳ヨーグルトに挑戦しました。

自家製にこだわらないという場合は、
上記にご紹介した「豆乳グルト」でも良いかもしれません。
(難点は、スーパーでは見かけないこと、私はネットで購入してみましたが、単品売りが見つけられず、親戚にも配るの図。笑)

ということで前のめりのジャジャン!

 

我が家に おいでなすった
タニカのヨーグルトメーカー「YOGURTIA」。
色違いでブルーもありますが、ここは乙女カラーで!(必死)

愛用の足湯器同様、保温機能って本当に便利です。
タイマーセットもできるので、色んな発酵食品が作れるみたい♪

 

使う豆乳は3〜4種類試してみました。
(できる早さや味も違いました。)
下の豆乳はスーパーにあるので、すぐに1パック買い足せるのが良いですね。


スジャータ 有機豆乳 無調整


キッコーマン飲料 おいしい無調整豆乳 1000ml


マルサン 毎日おいしい無調整豆乳
一番美味しく感じたのはこのマルサン豆乳です。
(マルサンからはおやすみ前専用『やすらぐ豆乳飲料』なども出ていて、結構気になっています。^^)

 

主役の種菌は「ラブレ」のプレーンタイプ(緑色)。
(プレーンでないとうまく固まらない、という情報も)

完成度合いは、保温機能を使っていても、季節で左右されるような気がしました。

2015年10月に始めて、記録してみたので以下にまとめます。

◆1回目(初回が1番時間がかかります)
まずはラブレ1本に対して、豆乳を500ml入れよく混ぜる
(容器の煮沸は、お水を1cmくらい入れて付属のスプーンと一緒に1分半レンジでチン☆)
ヨーグルティアに39℃で15時間タイマーをセット。
→ なんとなくまだ頼りない固まり方ですが、食べられないことはないレベル。

◆2回目
1回目に出来たヨーグルトをスプーンに2杯分ほど残し、
豆乳を700ml追加してよく混ぜる
(このヨーグルティアの容器なら、1L入れても大丈夫なのですが、初めのほうは膨張が心配でこれくらいからスタートしました。)
39℃設定で10時間後に固まり完成
→ 1回目よりも良い出来♪容器を軽く揺すった時の固まり具合が安定してきました。

◆3回目
2回目のヨーグルトをスプーン2杯分ほど残し、
豆乳を700ml追加してよく混ぜる
39℃設定で8時間後に完成

◆4回目
3回目のヨーグルトをスプーン2杯分ほど残し、
豆乳を700ml追加してよく混ぜる
39℃設定で6時間後に完成

◆5回目
なぜか思い立って36℃に下げてみたところ、なんと3時間でほぼ固まりました。
その後は1時間くらい冷蔵庫で寝かして完成
(毎回冷やしていただいていますが、冬場は食べる時間に合わせて常温に戻しています。)

◆6回目
同じ方法でついに上出来なヨーグルトが!
なめらかでとっても美味しい〜〜♪
これ以降は36℃で2〜3時間セットすればすぐに出来て楽ちんでした♪
ホエイが出来ていれば、これもしっかりいただきましょう。^^

1本のラブレから、
約20回、作り続けることができました。
14回目には最高になめらかなスペシャルヨーグルトをいただくことができました♡
(容器は、側面に固まったヨーグルトが気になり始めたら交換しています。
種菌交換のタイミングは、うっすら表面がピンクになったあたりから)

 

以上、Charmの前のめり研究の結果は、
良い!
実に良いっ!
とワタクシご満悦。笑

ラブレの3本パックの残り2本は、期限切れになる前に飲みました。^^
1本でこんなにたくさん作れるとは思わなかったので、
ヨーグルトより豆乳の買い足しが忙しかったですね、笑

せっせせっせと作っては届けて、を続けました。
母もヨーグルトは食べやすかったようで、最後までしっかり食べてくれていました。

上記は2015年の秋の記録ですが、
2016年の秋も同容量で作ったものの2〜3時間では固まってくれず、、
やはり見えない相手と付き合うのは難しいものなのだと、、^^;

ラブレからの豆乳ヨーグルトは香りも良く食べやすく、
安定して今でもお世話になっていますが、
ちょっと浮気もしてみたんです。笑


L-92 脂肪ゼロ
こちらはそれこそアレルギー対策などで有名になり、一時入手困難に。
難民続出でございました。。

L−92の豆乳ヨーグルトはラブレ同様、食べやすかったです。^^
きもち柔らかめかな??


明治プロビオヨーグルトLG21
固まらなかったのは糖分のせいかしら、?
味は酸味が強めで、ザラつきのある食感が少し苦手でした。

他にも、気分転換に色々な種菌を試してみても良いな〜と思っています。

 

毎回作る時は話しかけています。^m^

相手は「生きもの」ですので。

「私の大事な人達のお腹をキレイにしてね〜」
「美味しいヨーグルトになってね〜」
「この前も美味しかったよ、ありがとう〜〜」

ゆっくり丁寧にかき混ぜながら、彼ら(笑)に向かってブツブツブツブツ。

そうです、相手は「生きておられます」ので!汗

今後も、見えぬ菌さまたちと仲良くやっていけますように〜。

 

 

最初に購入したTGGの本はこちらです。

植物性乳酸菌の力で腸キレイ TGG(豆乳グルグル)ヨーグルト

玄米種菌がメインですが、アレンジレシピも載っていて、キッチンに置いてもお洒落な表紙も好き♪笑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です