卵巣嚢腫のホントのところ(移行記事)

先月になりますが、
4ヶ月ぶりの検診に行ってきました。

もうあの台に上がるのもすっかり慣れて・・
というのは強がりですが(笑)、
結果が気になってそれどころじゃない、
というのが本音かもしれません。笑

前回は、20日に1回の鍼治療のおかげか、
2cmも嚢腫が小さくなりました。
もうこれは私にとってミラクルな結果だったわけです。

その後はひと月に1回、田河先生に診てもらうつもりでいましたが、
休院期間があって2ヶ月弱空いてしまったのが影響したのか、
今回の検診結果はまさかの・・両方「+5mm」。

あくまでもエコー上の数値なので、
立体としてみた場合にどうなのかは分かりません。
ちょっとした角度によっても誤差は出るだろうし、
たかが5mm。
そう、たった5ミリじゃーん。

・・されど、5ミリ。

たかが、と楽観する自分と
されど、と悲観する自分に
入れ替わりに感情を操られているようで、
電車の中で思わず涙がポロリ、

病院の中では平気だったのに。

病気が分かった当初は痛みなんて分からなかったはずなのに、
最近ではちょいちょい痛みます。

これは今までの生理痛がなくなって
奥でずっと信号を出していた痛みにようやく気付き始めた
ということも考えられるらしい。。
それくらい、生理痛がひどかったというわけ、。(先生曰く)

どんだけ?!(←思わず心の中で先生にツッコミを入れる)

今回先生と話をして、
大きな誤解をしていたことが分かりました。

ディナゲストによる不正出血は、
卵巣嚢腫の部分から出ていると思っていた私。

西洋医学からの見方によると、
卵巣からの出血が子宮を通って出てくることはないんだそう。

ディナゲストによってホルモン調整することで
子宮内膜が薄く剥がれやすい状態となるから、
出血(生理と同じような現象)が不定期で起きるんだとか。

でも東洋医学では、
これは悪いものが出ている証拠♪と聞かされたんですよね、
実際、鍼治療後は少し出血が増えるような気がします。

だからてっきり嚢腫から出ているものだと。。
だから小さくなるんだと。。

素人って、こんな時なんだかほんとに弱い。
そして疲れる。。笑

そこでCharm、このモヤモヤを少しでも解消するべく
自分でも勉強しようかと思っています。

できるかどうか分かりませんが。。笑

分かり易い資料が見付かったらまたここでご報告します。
実はこの卵巣嚢腫関連記事、読者がいらっしゃるんです。
Charmにとっての朗報はその方達にとっても朗報であると願って。

このアクセス数と同じ数だけ、
こっそり勇気をいただいています。

希望! 希望 ! 希望!!

 

2011年12月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です