ディナゲスト ~たったの逃避行(移行記事)

前回記事を書いてから、本気で他の治療方法を調べました。
でもとりあえず残り(お薬)も少ないことだし
次の病院を決めるまでもうひと瓶貰おうかと思っていましたが、
家族に猛反対され^^; なんか妙な勢いで決心!笑

脱!ディナゲスト!(^o^)/
体本来の力を取り戻すんだ!

お薬を止めて1日目。

“東洋医学と西洋医学を合わせた治療”と紹介されていた
婦人科へ、セカンドオピニオン予約。(実際には3軒目)
投薬治療をやめた後の経過を診てもらうことと、
漢方治療を希望して。

みなさん、。。

現実は甘くありませんね、笑

そこで待っていたのはオッソロシー診断結果。

Charm、今までで一番縮みました。

「もう既に漢方で治療できるレベルじゃないよ」

チーーン。凹

「正直、白い影は内膜癌の疑いもあるよ。ただの血の塊かも
しれないけど、私だったらすぐ手術の紹介状を書くわ。」

「すぐに手術しないんならディナゲストしかない。
リュープリン(さらに強めのホルモン注射)でも良いぐらい。
迷ってる場合じゃないよ。」

チーーーーーーン。orz

目がまわる・・

治療2年目にしてまさかこのキーワードを聞くことに
なるとは。

先生曰く、私のレベルで触診に全く痛みがない事と
(日常の引きつる痛みはあります)
排便痛がない事については『幸運』としか思えない、と。

そう、確かに初期に診てもらった2軒目でも
同じ事を言われたんでした。

ディナゲストについては、
不正出血がピタリと止まった頃(私の場合服用1年以上)から
ようやく薬が効いてきているとみるそうで、
今は内膜が薄く保たれて綺麗になっているとのこと。
嚢胞は当初から約2cm縮小。
悪性の場合はここまで効かないらしく、
おそらく良性とみて主治医は投薬継続を指示されたのだろうと。

「副作用とか体調不良とか言ってる場合じゃないよ
そこはある程度自分でコントロールしていかなきゃ。
メインはディナゲスト。それしか方法はないです。」

ズドーーーーーーーーーーーーーーーーン

で?
Charmの希望(東洋医学式治療)は・・

そう、診察台に上がって1分もしないうちに
打ち砕かれたんでした。ぴえ~~ T^T

漢方で、私よりも嚢胞が大きい人でも小さくなって
いる症例を知ったので、結構期待していたのに。
大きさ以外にも形や場所も関係あるのかな、。

卵巣嚢腫の治療には、
排卵を止めてエストロゲンを抑制することがいかに大事かを
改めてガツン!と思い知らされました。
ディナゲストを止めたら、数ヶ月で元に(大きく)戻る
だろうって。(もちろん状態や年齢によります)

でも劇的に変化があったのは鍼治療後なんだよ?
と言いたかったけど、既にその気力なし。笑

悲しくて恐くて、
悲しくて悲しくて恐くて。

泣きながら帰るには雨傘が好都合。

でもね、とことん悲しんで家族ともよく話をしたら
迷いが飛んでスッキリしました。

それにもしかしたら、祖母に続き私もミラクルを
既に起こしているのかもしれないって。笑

痛みに強いのかも?とも言われましたが、
悶えるほどの激痛はどこを探してもありません。
これってミラクルなんでしょう、?

先生が言われた『幸運』の一言が私を支えてくれます。
先生の話と顔は恐かった(笑)けど、
嫌な感じはしなかったし、内診も丁寧でした。

大丈夫かもしれない、って。
医療の常識を覆すような不思議な事って本当にあるもの。

鍼治療への期待はまだ捨てていないので、
次の内診まで毎週コースで賭けに出ます。
もしそれでダメだったら、、
前向きに手術を考えないと。

こうしてCharmのディナゲスト嫌いの旅は
なんともお粗末な1日で幕を閉じたのであります。ぷ

昨日、もう二度と行かないはずだった主治医のもとで、
何事もなかったようにしっかりディナゲストを貰って
帰ってきたんでした。
チャンチャン。

強がって家出してみたけど、
近所の公園で見付かる、みたいな。笑

色々調べて、少しでも体に負担のないようにと
考えていましたが、
あれだけハッキリ言われたら覚悟が出来ました。

逆に今までが、治療の覚悟が足りなかったのかも。

脳裏に焼きついたエコーの白い影を撃退すべく、
大嫌いになっちまったディナゲストともう一度向き合い(笑)
前向きに治療を続けます。
捻転と破裂の危険はいつも隣り合わせです。

ふんばるっきゃない。

今回も、決して1人じゃないということを
ポカポカと、じんわりと、熱く、熱く感じています。
いつも支えてくれるみんなへ、心から感謝を。

 

2012年5月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です