あきらめないこと―2013(移行記事)

 

明けましておめでとうございます♪

今年のお節♪
変な角度でごめんなさい。笑

↑今年のお節です。
我が家のお節用の玉子焼は、伊達巻ではなく普通のだし巻きです。
豪華お節には程遠いですが、毎年これであって欲しい♪
(それはそうと、ツイッターでJUJUさんのお家のお節を拝見しましたが、すんごいよ!追いかけて見られそうなら是非!もうね、すっごいよっ!ぴかぴか笑)

そして、そう、その散らしてある人参の花が、
(↑ちゃんと立体の切り込みも入れてあるんですよ)
ツイートでぼやいた“お尻筋を痛めた原因”です。

人参の型抜きをしただけで、翌日筋肉痛になるという
なんとも情けない たるんたるんのCharmにござります。涙

さて、

ほんまに?
というくらい早かった2012年。

冗談でしょ?
といいたいくらい厳しかった2012年。

くぐり抜けました!

あぁ、サイコロの息はどうにか続いています!汗
また見に来て下さってありがとうございます。;;

年末にうっかり火傷した小指も、もうすっかり元通りに。

こうして1日1日、治っていくんですね~

最近の私は治癒力を感じる度に、
自分の体から勇気をもらっています。

東洋医学では 内膜症は「内出血」に似たようなものだと、
書かれたサイトがありました。

違いは再発性の有無。

でも内出血を治す力があるのなら、
内膜症も自分の力で治すことができる。

なかなか良くならないのは、
内膜症の悪化スピードに、自分の治癒力が
追いついていないからだと。

それなら治癒力を少しでも高めていこう。
そうしてスピードが追いついた頃、
どうする?
ビックリするくらい元気になってるかもよ?笑

生きている限り、
体は少しでも良くなろうと頑張ってくれている。

その事を体感した去年のお陰で、Charm、少し強くなりました。

だから今年も、
「治る」ことを諦めずにいこうと思います。^^

2013年1月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です