「西洋医学治療法」カテゴリーアーカイブ

ドック検査、受けてどうする?

残酷なお告げを聞いた時は、

私もしっかり検査してもらいに行こうと思っていました。

 

 

 

人間ドックがお安くなるよ〜な申し込み期日は明日まで。

とうとう、流してしまうようです、私。笑

 

もちろん、自分の身体を粗末にするつもりなんてありませんが、

考えたんですよね、

検査に行って、仮に何か悪い箇所が分かったところで
どうするの?と。

早期に分かって薬漬け?

早期から病を、余命を意識しながら生きるの?

(少なくとも、私の子宮まわりは しっかりひっかかるでしょう。そして、「手術しないといけませんっ!」と言われることと。
^^;)

 

現代医療では、異常なしの経過観察以外はほぼ、

何かしらの処置が施されるんでしょう。

“自分の治療法は自分で決める”という世の中にはまだまだ遠い今、

医療を疑うことなく、出されるお薬を飲み続けるんでしょう。

 

そういうのは、もういいかなと思いまして。

生き続けることの価値を見失い過ぎ!と一人ツッコミしながら、

私は私で、やれるところまでやる。

気絶して、されるがままになるまでは、自分の意志で治療する、

そう、改めて心がかたまったのでした。

 

もちろん、医療全てを否定しているわけではありません。^^

すばらしい技術は確かにあるんだろうし、

それによって救われた方だって多勢いらっしゃるんだと思い
ます。

ただ、私がまだ出会っていないだけ、かな?笑

 

ところで、チョコレート嚢腫はどうなったの?とのご質問。
(どこから?笑)

昨夏には確か子宮頸癌の検査もしてもらったのですが、

結果を聞く余裕すらなく、忘れておりました。^^;

そのうち、気が向いたらまた行こうかな〜〜笑

治療も拒否して、薬も持って帰らないから、先生、若干
冷たいのよね〜。笑