「タマネギ」タグアーカイブ

抗酸化作用を簡単に取り入れられる「玉ねぎの皮茶」

記事を移行すると言いつつ、
どうやってまとめていけば良いのか、まだイメージが曖昧なので、
そうだ☆今やっている事をコツコツUPしよう、と開き直っております。笑笑

 

最近、料理をする度に取って置いてあるのが「玉ねぎの皮」。(新玉の美味しい時季ですが、普通の皮のほうが良いみたい?)

相変わらず、毎日2軒のご飯を作っているので、すぐにたまるんです。

 

玉ねぎには、抗酸化作用血液サラサラ、と

アンチエイジングな有り難い力がたくさん含まれているらしいのですが、

どうやら実よりも皮のほうが数十倍もパワーがあるのだとか。

テレビでたまたま見たのを機に、これならすぐできる♪と始めています。

 

玉ねぎ茶の作りかた

1. 玉ねぎ約3個分の外皮を綺麗に洗う

2. 水500cc〜1000cc に皮を入れて、約10分湧かしたら出来上がり♪

 

はやっ!笑

 

沸騰させてから皮を入れる方と、水から皮も一緒に煮出す方と、

両方おられるようですが、水からのほうが簡単で早いので後者を選んでいます。

10分煮出したら、早めに皮は取り出しましょう。
(苦みが増します)

 

手作り玉ねぎ茶のお味は?

飲みにくいから2倍に薄める方もいらっしゃるようですが、

Charmとその家族(笑)は平気♪^^

玉ねぎらしい風味がしっかりあって、

玉ねぎ茶飲んでる!という実感があるから好きです。

そして色がキレーイ♪ 😀

オレンジペコーかい?ってくらいに、美しいオレンジ色です。

 

玉ねぎが持つ効果とは?

もうかなり有名ですが、ザっとメモ。

まず、生活習慣病予防には最適なようです。

私は、健康の基本は「血」の状態だと思っています。

血液さえキレイに保てれば、ほぼ病気知らずなんじゃないかしらと。(チョコを2つも持っている私が言う?笑)

 

以下は大病のもとですね、

・高血圧

・高脂血症

・高血糖

・疲労

・不眠(玉ねぎを刻んで枕元に置いておくと、ぐずり屋さんの子供もぐっすり!というのをテレビで見たことがあります。)

これらを変えてくれる玉ねぎの力、期待したいです。

 

ところで、自宅で作ると、やっぱりすぐに酸化しちゃうんでしょうか?

できるだけ早めに飲んでしまうようにしていますが、

夏場は冷蔵保存するものの、傷むのも早いかもしれません。

習慣で飲み続けたい場合は、市販されているものを飲むのも安心かもしれませんね。

Amazonでも、玉ねぎの皮茶をチャッと見てみましたが、
結構ある、、

国産無農薬であれば条件クリアかしら。
酸化防止剤なども気になるところです。
玉ねぎのサラサラ成分が3粒で摂れるサプリもあるようで、
お茶より錠剤のほうが良いという方には向いているのかな?

 

 

そうだ、話は逸れますが、

玉ねぎのみじん切りで泣かない方法、
これまでで一番効果のあったまさかの方法を
こんなところにメモしてみたり。笑

これまでは、
メガネをかけるとか、玉ねぎを冷やすとか、
よく切れる包丁で!とか、
両方の鼻の穴にティッシュを詰める(!)とか、
色々聞きましたが、

どうやら涙の原因は“汗腺”にあるようで、

涙を出す前に別のところから先に出しておけば、

涙は後回しになるのだそうです。(はい??)

うーん、、詳しい説明を忘れてしまいましたが、

騙されたと思って、口に割り箸を(横向きに)くわえてみてください。

ヨダレが大変なことになりますが、
この状態で玉ねぎをカットすると、あれま!ほんとに涙が出ないし、目が痛くならない〜!

おおお〜!♪

と、喜んだいつかの週末でした。笑笑