「投薬治療」タグアーカイブ

卵巣嚢腫お変わりなく・・(移行記事)

いつもありがとうございます。

今回の書き出しはこうしよう↑と昨夜から決めていました。

まだまだこれからが大変ですが、
ひとまず大きなストレスを乗り切りましたCharmです。

部屋にパラリと落ちている白髪を、
いよいよ父や母のせいにできなくなってきたCharmです。ぷ

昨日は半年ぶりの婦人科内診の日でした。

あの子達、しぼんでくれたかしら、?

不安に思いながらも診察台に上がり、
先生から出たひと言目が

「ん~     」

・・・・。

「ど、、どんな感じでしょうか、、」と私。

毎日かかさず飲み続けた高い(笑)お薬。
きつめということもあってお肌が荒れ続けても、
自覚し始めた副作用にイライラしても、
卵巣を守るためにがんばりました。
(お肌用には別の漢方や、ホルモンバランスを
整えてくれるタイプのサプリも併用しながら。)

不正出血は続くものの困るほどでもないし、
痛みは多少のひきつり(卵巣の位置が自分で分かるようになりました)をガマンすれば普通にやっていける。

半年続けた成果を期待してがんばってきました。

ところが残念なことに嚢腫はCT上で見る限り
1mm弱しか縮まっておらず、
相変わらず大きく腫れた卵巣はまた位置を変えたようで
子宮の後ろ側に回ってお互いがくっつきそうな勢いです。

私くらいの大きさになると治療は長期戦。

頭では分かっていても、
改めて知る自分の病気の大きさと
“このままでは自然妊娠は難しい”という
胸に突き刺さる現実が私を再びゆっくりなぞり、えぐり・・・

orz Charm落ち込むの巻です。

再度手術を勧められましたが、
今切り取るメリットはあるのか?

嚢種は閉経まで完治しない進行型の病気。

一度切除しても、いざ子供が欲しいとなった時に
再び大きくなっていたら2度もメスを入れることになります。

そんなん嫌でしょう。。やっぱり。

といって将来の計画を立てられる状況ではない今、
いつが手術時か?は判断し難い。。

婚約でもしたらその時がベストタイミング??

そして今回の大震災の余波がここにも。

今飲み続けているお薬の製造工場が被災してしまったらしく、
今後いつまで処方してもらえるか分からないとの事。

そういう事もあってか、
以前より強く手術を勧められたように感じました。

ガッカリCharm、病院の帰りは色んなことを考えて
どの道を通ってきたのか覚えていません。笑

なんだか無性に悲しい気分で。

そんな気持ちをツイッターにぶつけていたら、
温かいお仲間さん達からエールが!ToT
ツイッターを見てくれた親友からも携帯メールが!T^T

もう布団の中でぽろぽろ涙が出てきて。

皆さんの温かい気持ちに号泣したら
なんだかスッキリ眠れました♪(←単純 笑)

悲しい時に泣くって大切。
心と体ってホントよくできてる。笑

皆さん、いつもありがとうございます。

そう、希望の花(我が家の杏)に負けないよう
がんばらなダメですよね。

自分の体をまず自分が味方しなくて誰がする。

取りあえずはひと月分のお薬を頂きました。
薬が足りなくなるまでは、
投薬治療を根気良く続けようと思います。

嚢腫があれ以上大きくなっていなかったということは、
現状維持という意味で薬の効果と思いたい。

これから悪化ペースが速まるらしい私の年代だからこそ、
薬の力でこれ以上悪くならないように。

この先の事をあーだこーだと考えて
希望を見失いかけていましたが、
皆さんのエールのおかげでCharm復活!

負けるなCharm。

半年後にもしかしたら異例のスピードで
ちっちゃくなってるかもしれへんやん?!

と、なんとか自分の気持ちを起こしながらがんばります。^^

今、私と同じ病気で不安を抱えているみなさんも、
どうか希望を捨てずに一緒にがんばり続けましょう~!
また良い情報があればご報告します。^^

2011年4月