「経血」タグアーカイブ

自分で出来る内膜症ケア「布ナプキン」のすすめ(移行記事)

本家ブログが、
いよいよ内膜症治療ブログに・・?

検索キーワードの大半が婦人科系のお悩みです。
今月に入って「冷えとり」キーワードも増えてきました。
(イラスト・デザイン・ガーデニングのキーワードは
どこへ行っちゃったんざんしょ。。)

ますます、“打倒!内膜症!(笑)”の想いが膨らみます。

治療に関するご縁でこちらをポチッとされた方々にも、
一緒に「打倒!」と、小さくても拳を上げる気分になって
もらえたら、私も幸せです。

治らないかもしれない

治せるかもしれない!

この階段はとてつもなく高い、。
段差がありすぎて、階段というかまだ壁・・。
でも手は届く高さだと思っています!

もちろん、私だってまだまだ手探りです。
闇の水中で溺れそうになったかと思ったら、
かる~く水面に顔を出して太陽を見上げる余裕だってある時も。

一進一退を繰り返しながら日々を過ごしています。
きっと皆さんもそうですよね。

さて宣言通り(笑)、
「冷えとり体験記」連載はドッコラヨッコラ続いております。。

自分で出来る内膜症ケア「冷えとり靴下」のすすめ』のお次は、

布ナプキンです。

・生理痛がきつい(鎮痛薬服用は当たり前)
・レバー状のものが出る
・経血量が多い
・排便痛や性交痛がある
・生理中以外も下腹部、腰、股関節が痛い

よく聞く内膜症チェック項目は、こんな感じでしょうか。

 

私も生理痛はきついと感じていましたが、
中は相当な状態だったようで、先生には驚かれました。^^;

痛みに強い?タイプは どんどん慢性化して、
内膜症からくる日常の痛みも消してしまうくらいの
生理痛を我慢してしまう→→→ 発見が遅れる
んだそうです・・(逆に、量がかなり少ない、生理痛も全くない、という場合も、卵巣機能を調べてもらった方が安心です。)

上記の項目が当てはまる方は、
まずは婦人科受診をお勧めしますが、
すぐに受診する事ができない場合でも
布ナプキンならすぐ始められますよ。^^

実は、布ナプキンを始めるきっかけは「経皮毒」という
これまたちょっとあやしい情報を耳にした事でした。

ケミカルナプキンをずっと当てているとよくないよっ、
という内容だったのですが、
よく調べてみるとこれも「冷え」に繋がっているという
ことが分かり、結果、GO!だったわけです。

化学製品がどうして良くないか?は、ここでは省きますが、
難しい説明を読む前から、
体に触れる物としては良いとは思わない、というレベルでした。

もちろん耐久性など良い面だってあります。
最近のケミナプ(略)だってよくできてるんでしょう。

でもね、
便利な物はたくさんあるけれど、
なんだかんだ言って天然素材って素晴らしいんだろうなぁと。

実はごくごくシンプルな話です。
(なのにこんな長ったらしい前置きでごめんなさいっ)

そういえば、冷えとり靴下を履くようになってから、
足の裏がツルツルになってきました♪
足をイジメ続けたピンヒールからも卒業!
歩くのもキツイ時にあのヒールを履いたら、
確実に生まれたての小鹿ちゃんになるでしょうね。ぷ

あと、これは冷えとり全体の効果でしょうけど、
お尻もやけにツルツルよ~♪ウフ

あ、ちゃうちゃう、本題からずれました。。
(あんたの話まとまる気がしない・・・)

布ナプキンね、布ナプ☆

効果として言われているのは

・経血量が減る(コントロールできるようになる)
・生理痛が軽くなる
・頻尿が軽減する
・冷え性が改善する

あと、私のような「チョコレート膿腫」や「筋腫」が、
手術がいらないと診断されるまで小さくなる症例も。

かなり興味深い内容です。

布ナプキンに替える!と決めてからまた探し回りましたよ。
もうグ~ルグルね。@@ 笑

それでは(ようやく)、
Charmの冷えとり体験記「布ナプキン編」まいります~

おりもの対策もしていた私は、ほぼ毎日ケミナプでしたから、
完全に布へシフトするというのは結構大きいチャレンジです。

 

スタートは、ディナゲスト服用時の毎日の不正出血対応から。

筋腫もある場合は、ディナゲストで出血量が増える事もあるそう
ですが、量はさほどでもなかったので(1年以上続いたけど。。)
布ナプデビューにはぴったりだったかも♪
(※服用開始後、大量出血のある方は主治医にご相談を!
筋腫が増大する可能性もあるようです。><)

その後ヤーズに変わって、2年振りの生理が来た時は大変でした。
2~3シート(←ヤーズ)中は、布では対応できないレベル・・・
本人もふらふら・・笑
内膜がこんなに分厚いのかと、恐くもなりました。

この間は↑ケミカルおむつ状態で乗り切る感じ。。
せっかく布ナプを始めたところだったのに逆戻り。
うーん、でもケミカルさんってやっぱり吸収力あるんやねぇ、
その吸収体がナンダカナァ~ なんだけど。

というわけで、
ホルモン療法中の方は、お薬の切り替え時など、
副作用の変化もあるのでご注意ください。。

でも布ナプキンへの切り替えはこんな風に、
ケミカルと併用して徐々にシフトしていくのがお勧めです。
ケミカル用カバーナプキンも売っていますよ♪)

最初のうちは、量が多い日や外出時の使用は不安ですもんね。
自分の量やサイクルを見ながら、無理なくいきましょう。^^

 

【期待と効果1!】
天然素材の布ナプキンを使うと、
経血をコントロールできるようになる。

え?コントロールって何を?

具体的に言ってしまうと、トイレで済ませてくれるんです。
だらだら出続けない、 これは不思議。

布ナプのデリケートゾーン保温説(!)がありますが、
冷えから守ってくれるのはもちろん、
私が愛用しているリネンのナプキンは、
生地に含まれるリネンオイルがホルモンバランスまで
サポートしてくれるようで、
月経不順や更年期障害が改善されるんですって。

コントロール力がつくというのは、
こういう事からも言えるのかも。
いえ、、神秘すぎてまだ何とも言えませんが。^^;
(昔の人がナプキンなしで過ごせていたのは、「力」があったから???笑)

冷えとり上級者になると、ナプキンが汚れないんだとか。。
すんごいな・・@@

 

【期待と効果2!】
お次は痛み。
内膜症の人が一番期待するのは、生理痛の軽減ですよね。

もうね、これ全然違います。

人工生理ですが(笑)鎮痛薬は一度も使っていません。
(ヤーズ開始間もない時は苦痛だったけど、使いませんでした)

ヤーズが体に馴染んだこともあるのかもしれませんが、
4シート、5シート、と経過するにつれて量も減ってきました。
日数も半分くらい!
(私の場合、鍼灸治療も相乗効果として考えられるかな?)

 

【期待と効果3!】
そして願わくば・・・
内膜症も卵巣嚢腫も筋腫も どっかいっちまえ! です。

後日、鍼治療の経過も記事に続けたいと思いますが、
東洋医学治療と冷えとり健康法のダブル攻撃(?)で、
体の反応がまた変わってきています。
嚢腫に関しては、恐れ続けた破裂と捻転の危険性からは
逃れたといえると思います。

あれだけ「手術!」と言い続けた主治医も、
最近はまったく勧めてこなくなりました。
(↑手術によって癒着がさらに進行する事や、可能性が低い
今の妊娠力にダメージを与えたくない事などから。
とにかく妊娠計画を早く立てて自然トライしよう、と先生。)

私の場合は両卵巣が嚢腫・癒着済み、、なので、
腫瘍を摘出するなら慎重にいきたいし、
素人なりに調べて主治医に意見したこと、
本当に良かったと思っています。(面倒臭がられてるけど。笑)

西洋医学の常識に負けたくない!
妊娠力だってまだわからんもんねっ!

とはいいつつ、
もちろん、ホルモン療法で3年も排卵を止めている事も、
内膜減少には繋がっていると思います。

排卵時に分泌されるホルモン量は、
まだまだ私には危険なのだとか、。

でも見ておれ~!
必ず投薬から卒業してみせる~!! T^T

何度もここで叫んでいますが(笑)、
目指せ!自然排卵!
(止めすぎてて、そろそろ、いろいろ支障がね、。)

冷えとりを始めて、布ナプキンも本格的に始めて、
早や半年を過ぎようとしているCharmの体は、
とても静かではありますが変化を実感させてくれています。

がんばれがんばれ!

体にそう声を掛けてあげたい。(というか掛けてる。笑)

自分で洗うのは抵抗がある、、と
病気を知るまでは全く見向きもしなかった布ナプキンですが、

あのねぇ、もうねぇ、

やめられません。笑

洗うのも嫌じゃないくらい経血の質がサラサラに~
これね↑、体験談にも書かれていましたが
全く信用していませんでした。笑

生理が来るのが楽しみ♪なんて方もおられるようで、
シラーーーーッ(¬_¬)と流していたのに、
おや、?なんかちょっと分かる気がするぞ?
生理が軽くなっていくのが楽しみな この感じのこと?
(あれま、あんたカンタンやね~、笑笑)

でも女性のみなさん、
体質って経血にも表れるんですよ、ほんとに。

こうやって、量や質の変化をチェックしていく事が
もしかしたら本来の姿なのかも。

それで新月に排卵して、満月に生理がくれば最高です。
女性の体ってほんとに神秘的。

今回Charmがオススメしたい布ナプキンのお店は、

オーガニックリネンの布ナプキン総合専門店Kotori works
(赤ちゃんの布おむつもあります♪)

これぞ熟読!というくらい
熱心に店内(サイト)を歩き回ったのは
このお店だけでした。

デザインもナチュラルで素敵。
(最近リニューアルされました♪)

商品もかわいいし、説明通り丈夫!

届いて手に取ったCharm、
バイアスの見事なカーブっぷりに見とれました。笑
ボタン部分もしっかり仕立て♪

まずはこちらのページをご覧頂きたいですね。^^

布ナプって?

なんて言うか、求めているものにド真ん中で応えてくれる感じ。
こういうサイトを探してたんだぁよぉ~~ToT と
泣きたい感じ。笑

長時間用のケミナプには届かないかもしれませんが、
吸収力にも満足しています。

使用サイクルは2日分くらいで、
マメに洗いながら調整しています。
お店の1クール設定(枚数)↓は私にはちょっと多いかも?
(お値段もけっこうしますし、^^;)

↑だってほら、どーーん!(笑)

 

冷えとりでまだまだ量も減っていく予定(笑)なので、
少量から試していっています♪

実は他にも、竹布や枇杷染めシルク、
あとは靴下記事でお勧めした841さんで販売されている、
sakasaさんの清肌布(しょうきふ)ナプキンを試しました。

量が少ない場合や、日常使いにオススメです。

清肌布ナプキンは、
冷えとり用に重ねてあるのでふかふか♪
とても気に入っています。(でもお高いから大事に使いますっ)

生理中におすすめなのはこちら。

(↑楽天ショップもあります♪)

初めてさんが一連の流れを試すにはぴったりなんです。

これに、ホルダーをもう1枚、4層替えナプをもう1枚、など
自分のサイクルに合わせて買い足していく感じです。
(ホルダーがショーツに固定できる台になるので、
その上にナプキンを重ねていくんです。
ハンカチタイプや一体型も便利です。
使い方はすぐに慣れますよ~)

本当はずっと絹素材をつけていたいけど、
漏れに関してはちょっと不安が。。
その点、kotoriworksさんのリネンの布ナプキンは
しっかりガード。しかもリバーシブル♪
経血にはリネンの面を、それ以外はネルの面を、
という風に使い分けています。

使っていて思うのは、
やっぱりリネンは洗濯時、経血が落ちやすい♪
(基本は↑写真のセットにも入っている防臭袋で
つけ置きしてから洗っています)
それに、太陽に当てれば当てるほど丈夫になるという点が
とても魅力☆(シルクは直射日光に弱いもんね)

Kotori worksさんの商品はamazonからも購入できます♪

アイテムを買い集めるのにはやっぱりお金がかかりましたが、
今のところ買い足しする必要もないですし、
長く愛用させてもらうつもりでいます。
(買い足すのはアルカリウォッシュくらいかな?)

ただ難点は、
これも冷えとり靴下に続いて、
欲しい時にその商品が買えるかどうか、、^^;

入荷後すぐに売り切れてしまうこともあるんです。

でも、それだけ需要があるということは、
冷えとり仲間さん達がそれだけいらっしゃるということで、
心強くもありますが。^^

布ナプキンは他にも可愛いお店がたくさんあります。
生理用品がこんなに乙女(笑)だとブルーDayも乗り切れる?

メイド・イン・アース
Marigold Garden
LINTEN
レメディガーデン
すぃーと・こっとん
tipua

つくづく、
10代からやっておけば変わっただろうなぁ~・・と。

「冷えとり」全体でいうと、
ナプキンを使用する生理中だけではなく、
普段穿いているショーツが化繊素材なら、
おりもの用布ナプキンを当てたり(ガーゼでも良いんですよ)、
ショーツ自体を天然素材のものにしたり、

デリケートゾーンにやさしい工夫を始めることが第一歩です☆
(↑男性にもおすすめです。^^)

出来ることから少しずつ。

ここまで、
よちよち連載「Charmの冷えとり体験記汗」に
お付き合いいただきありがとうございました。

冷えとりとは?
冷えとり半身浴法
冷えとり靴下
冷えとり布ナプキン

の4記事でいったん終了しますが、
冷えとり体験については
ちょこちょことメモを続けていきますので、
お仲間さんとまた情報交換できれば
とても有り難いです。^^*

「治せるかもしれない」から

「必ず治せる」へ!

 

2013年3月